2006年09月03日

播磨灘物語    司馬遼太郎

無私の涯(はて)
戦国期、黒田官兵衛(如水)の物語である。豊臣秀吉の天下盗りを構築した立役者の物語でもある。竹中半兵衛とともに、日本史の天才戦略家の一人にも数えられる。
ご存知の方も多い事でしょう。
明鏡止水
優れた戦略家に共通する事は、流れの変化(兆し)、事実・現象をありのままに受け取る事だ。己の思考や感情立場で歪める前に。そして相手の思考で物事を理解し、打破の持論を組み立てる。支配する者は支配される者の心に聡くなければ、影響を与えられない。
つまり、「理屈を超えた動かし難いその人の価値観」を知る。そこに働きかけねば人は頑なになるだけで心服しない。人は最終的に自分の判断での選択を望む。
自分の気持ちで相手を理解するのではなく、相手の気持ちで自己の働きかけを巧みに変容させなければならない。兵法が、「奇正応変の才」と類稀な奇才と称されるのもこの所以かもしれない。

人間は関係の中で初めて存在する
官兵衛は敵に長い期間幽閉されてしまう。そのため髪が抜け落ち、足の関節も固まって動けなくなってしまう。主人公は、世情と隔離された孤独と無機質な牢獄の中で、自己の命の存在というものと常に向き合わねばならなかった。人間が人間として存在するためには相手が必要なのだと言う。
相手が存在するという前提があるからこそ、自分というものが表現できる。
逆に言えば、自己を見出す為にも、対象となるものが人間には必要なのだろう。
人が生命を維持する上で、コミュニケーションの効用が見直されているのではないかとふと考えざろう得ない。

敵を愛せ
栗山善助の対し、「敵を可愛いと思え」と官兵衛はいう。合戦という殺戮行為が、元来異常な事である。この異常な事を己らとともにやっているのは敵だけであり、そう思えば戦う者にとって敵ほど可愛いものがあるか。と。憎まなければこの異常な行為は出来ない。敵を憎んでは悪いのか」と反論する。「憎んでも良い。憎しみの中に可愛さを入れるように努めよ。その分こちらの丈が伸びる」
官兵衛は、討ち取るにも敵に良い振舞をさせよ、良い最後を飾らせよ。と言う。
人間の戦史は、復讐の歴史でもあり、禍根をどれだけ軽くするかは、後の治世に大きく影響を与える。またこの時代は、敵が味方になり、味方が敵になり人間関係が、錯綜する時代でもある。
また強い怨みや憎しみという心情そのものが常軌を逸した状態とするならば、対極の心情の慈しみを持つ事で、自分の心と行動の中正を図ろうとする官兵衛の哲理なのかもしれない。

後記
作品を通じて黒田官兵衛のそのものは、ひどく透明感のある漢に写った。司馬先生の作品の中では、あくの強い個性(型破り)が多いが、その中では珍しい人物と感じた。
才能は時に有力者に重宝がられるが、時に恐れられもする。
才能の表現の場を得るには、無欲を強いられる時もあるのだろう。
posted by 商いの道 at 06:15| Comment(17) | TrackBack(0) | 歴史小説に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

「道は開ける」 山崎拓巳

カーネギー著の不朽のロングセラーと同一タイトル書籍です。アマゾンでもベストセラーになったものなので読まれた方も多いでしょう。

主題
「ナチュラル脱皮」
脱皮とは、現状の表皮内部で自己の成長が起り、その変化を獲得する為に古皮を棄てる行為をいう。人間は生きていく過程の中で、表皮(心理的鎧)を身に付ける。身につけるのも難しいが、棄てるのはもっと難しい。成長とは自己偏見や勝手な思い込みをどれだけ棄てられるのか!に尽きるのではないか。
本著の特徴は、なんといっても読んでいて楽しい!この種の本は書き手が講師のようなものが多いが、まるで身近の友人がコーヒーを飲みながら気負いなく、「じゃあこうしてみたら(微笑み)。」とあたたかい。この種の良質な本で、書き手と読み手の距離がこんなに近い本を私は知らない。きっと、この本は時間の風雪に耐えられる本となるでしょう。

読後の収穫

「スイッチング」
〜心に素直に〜
「いいとおもったら、早速やってみよう。失敗したらまたその時、もう一度考えよう!」一見小学生でも知っている単純明快な事が、大人になると二の足を踏む。時に出来なくなる。対面や保身…。「これまでの積重ねたものを失う怖さ」が、まず先にたつからではないか。「それは、出来なかったって言うんじゃない。やらんかったいうんや。」僕はガツンときた!

「ナチュラル」
〜未来の自分に溶け込む〜
「現実が、後から追いついてくる」誰しも、現状のままの自分では限界があるなと感じることはあると思う。まわりも変化と成長をしていく。こういう自分になりたいと思ったら、その視点で物事を考え、実行していく。そうすると徐々に周りの現実がそれに馴染むように変化してくるという事なのだろう。とても興味深い視点と思う。未来を先取りし、そこに至る場づくりをする。よく「○○特有の雰囲気」というのがある。○○には、職業の名前や社会的ステータスが入ると思えばイメージがつかめる。自他ともにそう信じ、歯車を回して行く。人は認めてもらうまでが大変で、認めてもらえば案外スムースに流れてしまう。ナチュラルなセルフプロデュースが大切なんだと気付く。

「エンジョイ」
〜無我〜
楽しむというのは、心地よい自己解放そのものだ。一般的に「わくわく」という言葉で表される。著者はこの状態とても大切にしている。きっと自分の感度がもっとも高まった状態だからだろう。なおかつ自然で無理がない。さえぎる余分なものが無いとも言えるし、本来の自分そのものとも言える。楽しむとは「集中」と「リラックス」という、相反する状態を同時にもっているベストな状態であり、スポーツの世界では、近年「ゾーン」と呼ばれているものと同じなのではないだろうか。一流の選手が好成績を出す時の心の位置取りと言い換えてもいい。

後記
2006年の現代版の本で久々に良著にめぐり会えたと感じます。進路選択や人生の選択にはじめて立ち向かう学生、新社会人。生き方に疑問を持ちはじめた社会人、子供を教える先生や親達。多くの人に読んで頂きたい本です。
この本は、単純明快で読んでいて心地よい。特に各章に盛り込まれたエピソードが面白い。
「一時間、一時間が未来につながっている。急に毎日が大切に思えはじめた。(一部抜粋)」
言われて見れば、当たり前の事を誰にでもわかりやすい言葉で本当に大切と気付かせてくれる本は実はあまりない。またその中で繰り返し読める本はもっと少ない。本著は、その中の一つと言えると思います。
ちなみに、私はこの本を友達にも買ってプレゼントしました。(それ程、感動しました)                      以上


posted by 商いの道 at 12:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

「楽毅」         宮城谷昌光

―人がみごとに生きることは、むずかしいものだな―
物語の主人公楽毅のなんとも言えぬ呟きからこの長編物語は始まる。
三十代半ばにさしかかると、こんな主人公の気持ちに、ふとある種の魅力を感じるのは私だけではないでしょう。長編でありながら、一気に読める物語である。

主題
「人が見事に生きるとはどうゆう事か」
作者は、楽毅と物語を通じてこの素朴にして難解な問いに真摯に応えようとしている。
人生という時間と空間で起こる事は、時に自分ではどうにも出来ない大きな力で左右される。主人公の楽毅が生きた時代は戦国時代で国家の興亡が人の人生に陰を落とす。
有能な人物として、評価されつつも国力の乏しい小国故の不遇な前半。楽毅は、国を転々と迷走する。敗国の将は、他国では往々に見下された存在である。
これを現代に置き換えると、自分の活きる場所を求める転職者として、また生き方を貫く為に適地を探す救道者としても見てとれるのではないか。

読後の収穫
「生きるとは起つ事也」
〜証しを創造する〜
不遇な人生を長く過ごすと無力な自分を時に呪う。後世に名を残す人物も同じ人間であり、また有能な分迷いや悩みも深く切ない。多くの人は、中途な悩みの余韻に浸り、自分で自分を呪縛してしまう。その事にすら気付かない人もいる。私もその一人だろう。
主人公楽毅は、低迷の中から一つの哲理を導き出す。生きるとは起つ事なのだと。
「起つ....企てる」と辞書には記載がある。つまり、この世に何かを起す事が生きることなのだ。人には個性がある。何故一人一人が異質なものをもって生まれてくるのだろう。個性を開花させこの世と人に働きかける。それが、自分自身の道を自分で歩むという事なのかも知れない。

「決断」
〜勇気の源は何処からくるのか〜
「勇気とは、人より半歩進み出る事。人生でも戦場でもその差が大きい」(本著より)
人生をより良く生きたいと願うのは、皆同じである。しかし混迷な時代では、現状の自分の進退を決めるには、不確実性が強くつきまとう。未知の領域で困難の片鱗を感じると、人は足がすくむものだ。人の上に立つ立場では、人に影響を与える分責任も重い。。
将来は、約束されたシナリオが展開されるわけではなく、自分で拓き、創造するものであると誰もが知っている。そこに尊さがある事も知っている。では、あの時何故自分は、動けなかったのか。不確実性の排除、見えないものを観る努力。事前準備、先の先への配慮が必要なのではないか。

後記
「家族の事だけを考えて生きてゆけば穏やかかも知れぬ。しかしそれだけの人生だ。他人を思いやり、他人の心を容れて、他人に尽くせば、自分だけでは決してあうことが出来ぬ自分に会える。どちらが本当の自分という事ではなく、どちらも本当の自分である。あえて言えば、自分と自分の間にあるすべてが自分である」(本著より)
楽毅が、最終章で言う言葉である。著者の人生観がここに凝縮されているのではないか。
人生には理不尽な事も多い。努力が実らない事もある。
物語に出てくる人物は、人の真・善・美を鳴らす人もいれば、嘘・悪・醜を放つ人もいる。
様々な人間像を大きな時間軸の流れで観て取れるのが、歴史小説の味わい方の一つだろう。また「死ぬまで生きる。このわかりきったことを、いまようやく、いえるようになった。」後に、楽毅の息子の教育係になる単余の一言が大きく残るのは私だけではないだろう。以上

今回紹介させて頂いた本
posted by 商いの道 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史小説に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

「永遠の仔」  天童荒太

3人の主人公が17年ぶりに再会をする。看護婦の久坂優希、 刑事の有沢梁平、 弁護士の長瀬笙一郎。そこから展開される彼らの現在と、彼らの共通の過去とそれぞれの生立ち。そこに焦点を当て物語は展開されてゆく。また、物語が進むにつれ何故「子」ではなく「仔」なのかが、物語に一層の深みと悲しみを与えている。

主題
「支え」

「誰もが傷つきやすい存在」
自分は、知らずにどこかで人の心を深く傷つけてはいないだろうか?ふと、そんな恐れが過った事はないだろうか?どんな形であれ、人には触れられたくない、否定されたくない内面というものが確実にある。中には、今回のように社会に存在する為には、隠すことでしか自分を保てない程のものもあるかもしれない。大人でさえ時に壊れやすい心を、自我に目覚めたばかりの感受性の激しい子供の心に僕らは何を刻んでいるのだろう。
「親が大人とは限らないってことを、忘れるみたいね。子供のままでも大人になれんだから。」(本書より)
「親は愛を与える力も奪う力も持っている。」(本書より)


「心に添う」
もっとも理解が欲しい相手に理解されない孤独感を、僕らは多かれ少なかれ経験としてもっている。時に、上司や部下、恋人、親...。皆誰もが立場が違う上での自然な感情が、時に打ち砕く程の挫折感を味あわせる。時に、相手の事を思ってという行為でさえ。
理解するとは、相手の心に添うという、単純かつ最も難しい所から、まず始めなくてはいけない。
「人間って、何々しなければ認められないって、そんな軽い存在?」(本書より)
「人はどんなに重くてつらい悩みを打ち明けられても耐えられると思う?」(本書より)
後記
異作である。かつてドラマ化されたこともあり、多くの人が本書を手にし、戦慄な思いをされた事と感じます。本書は、「幼児虐待(心的外傷)」という重いテーマを小説という形を借り、短いニュースでは垣間見ることが出来ない当事者の生の心を、活字として掘り起こし、描写する。それは、読み手にとって辛く、暗鬱な気持ちにさせられる。「何故??」と。その意味では、あまりお勧めできる作品ではない。しかし、マスコミが伝える様に、この種の事件が不幸にも珍しくなくなっている現実に、僕らは存在している。
また、本書は、看護婦の久坂優希を通じて、「老人介護」の現実を知る。
「食べなければ死んでしまう....排泄しなくても死んでしまう...。ただ生きていることすら難しいと感じることが、院内にいれば、あまりにも多い。」(本書より)
本書は、読み手に濃密なコンタクトを働きかける上で、優れた技法や仕掛けが用意された作品です。


posted by 商いの道 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

「NLP 神経言語プログラミング」  高橋慶治

◆基本構成
[理論編]NLPの基礎理論
 1.人間の脳の使用説明書
 2.NLPの誕生
 3.NLPの原点―モデリング−
 4.あなたの知覚する世界
 5.NLPの理論と手法の概要
[実践編]ビジネスコミュニケーション
 1.相手の知覚に訴える−ページング−
 2.相手の知覚に訴える−トランスレイティング−
 3.ストラテジーとその利用
 4.相手の内的地図を知る
 5.優先的表象システムとラポール本作品の基本構成

 6.肯定的表現
 7.キャブレーション
 8.柔軟性
 9.効果的プレゼンテーション
 10.NLPを応用した文章作成法
[実践編2]メタモデルとミルトンモデル
 1.メタモデル
 2.ミルトンモデル
[実践編3]健康、教育、天才のストラテジー
 健康
  ・末期ガンからの回復が示すもの
  ・コミュニケーションとしての病気(他項目あり)
 教育
  ・教育へのNLPの導入
 天才のストラテジー
  ・天才たちのもつ基本パターン
  ・天才に共通するその他のパターン
NLPの発展−DHE−

◆本著を一言でいうと
 「人間の脳の使用説明書」〜私(貴方)は、何故そのような反応をするのか〜
◆こんな人に役立つのでは? 
 カウンセリングスキルを磨きたい
 自分に合った学習(習得)スタイルを構築したい
 そのしぐさは何を考えているのか知りたい(恋人、お客様の見えない言葉を理解する)
 人間とは如何なるものか知りたい
◆こんなことにお役立ち(課題・疑問の回答) 状況に応じた、良好なコミュニケーションを築く
◆何故(特徴)
 トップセールスマンは卓越した心理学者と論ずる本は少なくない。(顧客心理に逆らわ   ず、自己目的を果たす)しかしその中味、断片さえ触れた著作があっただろうか。
  
◆(本論) 
 普段自分が使っている言葉の使い方に気を払う人はどのくらいいるだろうか?意識してコン トロールしているのは、「敬語」ぐらいなものであろう。私自身がそうであったように。
 「他者と良好なコミュニケーションを図る事のできる人と、そうでない人との損得の差は思 いがけなくなる程大きくなる(本著冒頭より)。」経営者・営業職程、応える響きだ。それ は人を本気で動かす為には、まず相手の心を本気で動かすという単純かつ、最も難しい仕事 から着手しなければならないからだ。時に対象はもう一人の自分であることも。
 本著は、人間の五感と神経処理(外部情報解釈)、思考形成と行動(内部処理と反応)に、 斬り込みをかけている。また身体的特徴がこの処理プロセスに大きな影響を与えているとい う点でも興味深く読める作品である。
◆着眼点
 人間とは何か 
 同じ人間という種でありながら、その能力は実に多様である。
 「卓越性(成功・高いパフォーマンス)を示す人達はどの ように成果を上げるのか?彼らは いかにしてそれを行うのか。彼らはそうでない人達と違 った何かをするのか?NLPは、まさ にこうした疑問から誕生したのである(本著より)」すべての興味は、この文章に集約され ているといってもいい。

◆読後の収穫
「内的地図(経験形成)」〜何を感じ、どう解釈し、行動するのか〜
 過去の経験は、力となる。過去の情報から的確な状況判断で事態予測し、好転に結びつける からだ。しかし、同時にバイアス(尺度・偏見)も生まれる。先が予測できない程、この経 験知から導き出される影響が大きくなる。(良きにつけ悪きにつけ)。
 時に、一つの状況下で矛盾した二つの正論と本質が同時に存在し、選択に迫られる。情報の 取り方(コミュニケーション)で明確に対処できることは特段新しい発見ではない。
 しかし、明確にするためにどのように情報を引き出すのか、または(相手・自分)インプッ トするのかにおいて、実務的やり方の視点を考慮している

望ましい結果を出す力の出し方と蓄積方法
「卓越性(成功・高いパフォーマンス)を示す人達はどのように成果を上げるのか?彼らはい かにしてそれを行うのか。彼らはそうでない人達と違った何かをするのか?NLPは、まさに こうした疑問から誕生したのである(本著より)」
「ものは、言い様」人に賛同や理解を得るための注意点として、昔からの慣用句である。
 つまり、自分が発する情報で、相手もそれに見合った反応をする(共感か拒絶か)。本著は 何を言うかではなく、どのように伝え読み取るかに焦点を当てている。その意味では、時に つらい真実を伝える立場のドクターにも読んでいただきたい作品です。

天才たちのビジネスモデル〜天才の着目点、思考過程とその視点〜
「天才たちの持つ基本パターン」という興味深い章をこの本は有している。私が、この本を買う最大の決め手はここにあった。実に解りやすい内容で、天才の能力を解剖している。
最も感性(自己の内的フィルター)にあった学習スタイル
 「卓越したオリジナルスキルを早急に身に付けたい。」実務環境が厳しさを増す現在、現状の死守さえ容易ではないのが実情だ。常に成長と発展を遂げなければ、利益を生み出すことは出来ない。学習スタイルは知らず知らすのうちに固まってく。でも「自分という個に最もマッチした学習スタイルがあるなら知りたい。」と思うのは人情なのではないか?本著はそのヒントを与えてくれると私は感じている。
 
◆後記
記事の投稿が大幅に遅れたことを、まず読者の方に、心よりお詫びいたします。理由は、自分の勝手ではじめたブログですが、少し読者の方を意識するようになりました。(よい事と思っています)
何を紹介すれば、喜ばれるか。どのように紹介すれば伝わるか。正解は無いけれども作品ごとに磨きをかけていきたいと思っています。

◆今回ご紹介させて頂いた本NLP―超心理コミュニケーション 神経言語プログラミング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。