2005年04月24日

「織田信長」山岡荘八



着眼点
乱世という時代認識と乱世終焉の使命に己を捧げた人。
自らを尾張のうつけか天下の主かと謳う。作者は織田信長の波乱に満ちた人生と苛烈な生き様を躍動感をもって刻筆している。この本からは、彼自身の行動が一種の気迫の賭博であり、熟慮の心理戦の連続であることが窺える。当主とは一つの決定、発言、行動が敵味方に有機的にその行動の舵に深い影響を与えている事を胆識している。天才信長と言われる所以として、己の意図と相手の察する意図は、人物の器量に左右され時に、意外な程、異なることを逆利用した。人の誤解と理解を巧みに敵戦と組織強化に意図的に反映させている。
 信長の人材登用とその接し方は非常に独特である。乱世という非常事態は臨機応変の才覚と行動力がものを言う。人の裁量と器量を常に試す。難問、奇問で部下の人才を磨く。これが内部の独特の競争と協力を生み組織に粘質な活性剤をじんわりと浸透させ志将集団の体制を敷いていく。「もし、信長が天下統一をしたらどの領土がほしいか!自由に申せ」と笑い。「そうか、ならばそちにその国をやる。取って参れ」と。琴線に触れる人間は身分を問わず引き立てる。特に秀吉との出会いと登用、用い方と評価は興味深く描かれている。人に惚れるとはかくも楽しい事なりと謳うように。
 また同時に、切れ者の誤解の恐ろしさを光秀を通して描いている。功を立てさせようと重責を与えると、失脚を狙う機会を窺っていると明晰な根拠を探し出し、陰惨な解釈をされてしまう。人の誤解は一種の呪縛として当人の思考を曇らせ歪ませる。感情は思考を凌駕する。天下人信長に光秀はどのように移っていたのだろう。  

読後の収穫

仕組み(システム)を動かすものは、、、文化
人才を築く風土の創出
 信長は人材の発掘にも力を注いだが、登用した人物、側近の人材を、ことさら磨いた。世の中は下克上のなので側近に実力をつけさせることは、ある意味寝首をかかせる行為だったのかもしれない。それを平然とこの時代にやってのけた信長の度量は計り知れない。信長という天才を全員で支えるというより、信長という器の中で、異才者達が凌ぎをけずるような集団だったのかもしれない。

刹那の分岐の繰り返し
 運命は日々の決断次第
 世の中に出来ぬ事はない。出来ぬとはまわりが勝手に決めた事に過ぎない。また自分が決めたに過ぎない。信長は活動の質と量が桁外れに優れている。これは結果をみて過去を振り返ればそうだったといえる。しかし、結果が出るまで、日々人はその決断の意思を強固に持ち続けるかどうか。ここが分岐点である。

感情は思考を凌駕する
 理性は方向を示すが、感情のエネルギーに左右される。作者は本当は何を伝えたかったのだろう。感情 に左右されれば動きは感情のはけ口以上には進歩しない。つまり発展がないということなのか。マイナスの感情は押さえ難く思考を歪ませる。

後記
激烈な本です。結局人は、核心においては孤独なのかもしれない。その時の、人と世に受け入れられ実現されれば正しく、そうでなければ悪かバカ呼ばわりされる。今回は、あるベンチャーの社長が、薦めたのがきっかけだったが、時代を切り拓く者の情熱と孤独を感じました。

「織田信長に関する書籍」
posted by 商いの道 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史小説に学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3133933

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。