2005年05月09日

「君に成功を贈る」  中村天風

あまりに有名な人だが私が作者の本を読むのは初めてです。成功という言葉がここ数年書店に乱立していてその価値が希薄に思っている人も多いのではないだろうか。しかし、翻せば、それ程「個人として開花したい」という欲求の如実な現れでもあると私は考えています。

着眼点

「不動たる自己を打建てよ」
全頁に亘って作者が語りかけるのは、この一言に尽きるのではないか。揺ぎ無いものを心に宿した時、人は自分自身の命の意味を悟る。作者の言いたい成功の中味は、この「揺ぎ無いもの」ではないだろうか。そのためのスタートの切り方を独特な節回しで説いている。政財界・思想家達に大きな影響を与えたのも頷ける。

読後の収穫

「他人がいるから、自己の在り様が問われる」
他人に好かれる人間になる。とこの本は始まる。これは社会にでて最も大切な事なのだと。人生の根本基盤なのだと。子供の時はそう考えもしないが、社会という自分と生い立ち、考えが違う集団に組み込まれると、仕事、恋愛、等で「自分を好きになって貰わないと困る」という場面は必ず出てくる。自分が相手に好かれているということは、競争社会において優位性を約束されているようなものだ。のみならず、容易に手助けができる。これは人という複雑な個性達を統治する力の源の一つなのかもしれない

「すべては自分が招き寄せる」
一昔前、自己責任という言葉が日本ビジネス界を蓋う時期があった。ビジネスという短期間の結果如何が問われる世界で、良くも悪くも非情な響きで機能した。人が、幸福・成功を手繰り寄せるための行動の過程で多くの試練と苦労を招き寄せる。失敗や一時的な挫折も必要悪ならぬ、必要苦とも呼べる。「すべては自分が招き寄せる」そう思えば、人・事に真剣になり、謙虚に向き合える。自己改革というのも、すべてはここから始まる

後記
文脈が語り口調で展開されるので、中村天風氏の個性が伝わる。氏のファンも世代を超えて多くいると思います。この本は最終頁に氏の金言100選が記載されている。本著全体に言えることは、精神の弛みをとり、精神の緊張を解すということを感じました。自分という個性を如何なく発揮するためにも「心の定め方」が自分の内界、外界を日々つくっているのだと感じました。

今回ご紹介させて頂いた本君に成功を贈る

中村天風さんの書籍

【関連する記事】
posted by 商いの道 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。