2005年05月20日

「思いやりの人間関係スキル」 R・ネルソン・ジョーンズ

誰でも、自分を大切にあつかって欲しいと思う。取引先、上司、同僚、恋人、友人、親..。しかし、一度つくられた人間関係(心理的ポジショニング)はなかなか変わらないのも、また現実的事実である。私は当時、その仕事に夢中でした。実際関わった仕事は、好奇心と責任感いう刺激を与えてくれた。男としてはある種磨きがかけられていたと思う。しかし、現実は、恋人との決めた約束も、「ごめん。明日は、仕事に行く。企画書のコンセプトに修正をしたいから、全体の骨組みが変わる。悪いんだけど、また今度..。」
 僕は当時、「浮気しているわけではないのだから、わかってくれる。そんなこと言わないでも仕事がんばっているから、あいつはわかってくれる」と勝手に楽観視していた。そして、それは繰り返された。ごねる彼女がこの会話に、素直になるにつれてお互いの心は、理解できない位離れていた。互いに「何故...。と」
 「スキル(技術)で人の心を、まして愛してやまない人に対して。なんて姑息だ。」僕はこの本を買うのに、2時間も葛藤したのをはっきり覚えている。
内容が良くても正しく相手に伝わらなくては、内容が良くないのと同じ

着眼点
自分の心が変わらなければ、相手の心も変わらない」
コミュニケーションの語源はコミュニケート(熱伝導)だ。相手の心を変えたいなら具体的行動で明確に伝達すること。相手に自分の理解を求めるなら、まず自分が相手を理解する。自分の心を相手の心に近づける努力をする。ここからが出発点だと。

読後の収穫
相手を変えたければ、まず自分自身の行動を変えよ」
相手に影響を与えているのは、自分だという事を自覚すること。自分が変われば関係も変わってくる。

「行動に自分の心を込める」
あの人の対応は、心が込もっていない。笑顔もつくり笑いだと。いわゆるマニュアル・テクニック思考。プロセスをセオリー通りになぞる。昔、一時あるファーストフードが揶揄されましたね。
「誠意」
誠実である事と正直である事は違う。と昔上司に言われた。私なりの理解では、前者は相手ありき、後者は自分がまずありきの違いなのだろう。
後記
「思いやりの力」これが小さいか、大きいか、深いか、浅いかによって、その人の現実世界を大きくも小さくもする。と私は感じる時が多々あります。人に何かを求めるなら、まずそれを与えよと。
 また私自身の営業スタイルにも大きく影響を与えた本でもある。もちろん良い影響でした。




今回ご紹介させて頂いた本
思いやりの人間関係スキル―一人でできるトレーニング

ご参考書籍対人援助とコミュニケーション―主体的に学び、感性を磨く
posted by 商いの道 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いやり、やさしさ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。