2006年05月07日

「道は開ける」 山崎拓巳

カーネギー著の不朽のロングセラーと同一タイトル書籍です。アマゾンでもベストセラーになったものなので読まれた方も多いでしょう。

主題
「ナチュラル脱皮」
脱皮とは、現状の表皮内部で自己の成長が起り、その変化を獲得する為に古皮を棄てる行為をいう。人間は生きていく過程の中で、表皮(心理的鎧)を身に付ける。身につけるのも難しいが、棄てるのはもっと難しい。成長とは自己偏見や勝手な思い込みをどれだけ棄てられるのか!に尽きるのではないか。
本著の特徴は、なんといっても読んでいて楽しい!この種の本は書き手が講師のようなものが多いが、まるで身近の友人がコーヒーを飲みながら気負いなく、「じゃあこうしてみたら(微笑み)。」とあたたかい。この種の良質な本で、書き手と読み手の距離がこんなに近い本を私は知らない。きっと、この本は時間の風雪に耐えられる本となるでしょう。

読後の収穫

「スイッチング」
〜心に素直に〜
「いいとおもったら、早速やってみよう。失敗したらまたその時、もう一度考えよう!」一見小学生でも知っている単純明快な事が、大人になると二の足を踏む。時に出来なくなる。対面や保身…。「これまでの積重ねたものを失う怖さ」が、まず先にたつからではないか。「それは、出来なかったって言うんじゃない。やらんかったいうんや。」僕はガツンときた!

「ナチュラル」
〜未来の自分に溶け込む〜
「現実が、後から追いついてくる」誰しも、現状のままの自分では限界があるなと感じることはあると思う。まわりも変化と成長をしていく。こういう自分になりたいと思ったら、その視点で物事を考え、実行していく。そうすると徐々に周りの現実がそれに馴染むように変化してくるという事なのだろう。とても興味深い視点と思う。未来を先取りし、そこに至る場づくりをする。よく「○○特有の雰囲気」というのがある。○○には、職業の名前や社会的ステータスが入ると思えばイメージがつかめる。自他ともにそう信じ、歯車を回して行く。人は認めてもらうまでが大変で、認めてもらえば案外スムースに流れてしまう。ナチュラルなセルフプロデュースが大切なんだと気付く。

「エンジョイ」
〜無我〜
楽しむというのは、心地よい自己解放そのものだ。一般的に「わくわく」という言葉で表される。著者はこの状態とても大切にしている。きっと自分の感度がもっとも高まった状態だからだろう。なおかつ自然で無理がない。さえぎる余分なものが無いとも言えるし、本来の自分そのものとも言える。楽しむとは「集中」と「リラックス」という、相反する状態を同時にもっているベストな状態であり、スポーツの世界では、近年「ゾーン」と呼ばれているものと同じなのではないだろうか。一流の選手が好成績を出す時の心の位置取りと言い換えてもいい。

後記
2006年の現代版の本で久々に良著にめぐり会えたと感じます。進路選択や人生の選択にはじめて立ち向かう学生、新社会人。生き方に疑問を持ちはじめた社会人、子供を教える先生や親達。多くの人に読んで頂きたい本です。
この本は、単純明快で読んでいて心地よい。特に各章に盛り込まれたエピソードが面白い。
「一時間、一時間が未来につながっている。急に毎日が大切に思えはじめた。(一部抜粋)」
言われて見れば、当たり前の事を誰にでもわかりやすい言葉で本当に大切と気付かせてくれる本は実はあまりない。またその中で繰り返し読める本はもっと少ない。本著は、その中の一つと言えると思います。
ちなみに、私はこの本を友達にも買ってプレゼントしました。(それ程、感動しました)                      以上


posted by 商いの道 at 12:33| Comment(10) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月09日

「君に成功を贈る」  中村天風

あまりに有名な人だが私が作者の本を読むのは初めてです。成功という言葉がここ数年書店に乱立していてその価値が希薄に思っている人も多いのではないだろうか。しかし、翻せば、それ程「個人として開花したい」という欲求の如実な現れでもあると私は考えています。

着眼点

「不動たる自己を打建てよ」
全頁に亘って作者が語りかけるのは、この一言に尽きるのではないか。揺ぎ無いものを心に宿した時、人は自分自身の命の意味を悟る。作者の言いたい成功の中味は、この「揺ぎ無いもの」ではないだろうか。そのためのスタートの切り方を独特な節回しで説いている。政財界・思想家達に大きな影響を与えたのも頷ける。

読後の収穫

「他人がいるから、自己の在り様が問われる」
他人に好かれる人間になる。とこの本は始まる。これは社会にでて最も大切な事なのだと。人生の根本基盤なのだと。子供の時はそう考えもしないが、社会という自分と生い立ち、考えが違う集団に組み込まれると、仕事、恋愛、等で「自分を好きになって貰わないと困る」という場面は必ず出てくる。自分が相手に好かれているということは、競争社会において優位性を約束されているようなものだ。のみならず、容易に手助けができる。これは人という複雑な個性達を統治する力の源の一つなのかもしれない

「すべては自分が招き寄せる」
一昔前、自己責任という言葉が日本ビジネス界を蓋う時期があった。ビジネスという短期間の結果如何が問われる世界で、良くも悪くも非情な響きで機能した。人が、幸福・成功を手繰り寄せるための行動の過程で多くの試練と苦労を招き寄せる。失敗や一時的な挫折も必要悪ならぬ、必要苦とも呼べる。「すべては自分が招き寄せる」そう思えば、人・事に真剣になり、謙虚に向き合える。自己改革というのも、すべてはここから始まる

後記
文脈が語り口調で展開されるので、中村天風氏の個性が伝わる。氏のファンも世代を超えて多くいると思います。この本は最終頁に氏の金言100選が記載されている。本著全体に言えることは、精神の弛みをとり、精神の緊張を解すということを感じました。自分という個性を如何なく発揮するためにも「心の定め方」が自分の内界、外界を日々つくっているのだと感じました。

今回ご紹介させて頂いた本君に成功を贈る

中村天風さんの書籍

posted by 商いの道 at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。